フォトグラファー・シバノジョシアのブログ写真展。ICELANDのミュージシャン&音楽・レイキャヴィクの街・自然の写真を中心に、旅行・旅先でのスナップや日々のつれづれなどをアップしています。
☆お知らせ・2月20日(土)AMS+にてアイスランド トークショー
スナイフェルスネス氷河へ

深夜から朝にかけて関東でも雪が降りましたね。

本日はそれにちなんで、アイスランドの雪景色の写真です。
撮影場所はスナイフェルスネス(半島)にある氷河へと続く雪山の中。
ああ、いまふりかえると…怖いもの知らずって怖い…。


★お知らせ −アイスランド・フェス@AMS+ vol.3−

四谷三丁目にあるアイスランドバー・AMS+にてアイスランドフェスが開催されます。

こちらのバーは共同経営のオーナーの皆さんは、以前クリーン・エネルギーで動く
燃料電池搭載の電動三輪ビーグル"ハイドロパフィン号"でアイスランドを一周する
プロジェクトを成し遂げた方々。

ここでは普段あまり見かけることのないアイスランドの地酒ブレニヴィンが飲めたりします。

さらに、このフェス期間中はアイスランド音楽漬け、地元の食材を使った
料理が出たりと、よりアイスランドを楽しめるスペシャルウィークになります。

そして、期間中の特別企画としてアイスランドと深く縁のある方のトークショーが!

というわけで、今回は…

2月20日(土)にアイスランド音楽を中心に音楽フェスAirwavesツアー
 の企画者でもあるIACELANDiaの小倉悠加さんのトークショー。

2月27日(土)は以前、成田からレイキャヴィクの直行便をアレンジした
 (通常は飛んでません)栗原宗利氏のアイスランド観光や旅事情についてのトークショー。

二つのトークショーが開催されます♪

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

シバノも20日(土)のトークショーに写真のスライドで参加します。
'07〜'09の音楽フェスの様子や、小倉悠加さんと周ったイーサフョルズルや
スナイフェルスネス半島の自然エリア写真などもお見せする予定です。

もうちょっとで崖に落ちていたかもしれない車の事故話などもでるかも…。

音楽だけでなく、まずアイスランドってどんな国なの?というベーシックな情報から、
アイスランドの自然や生活事情、異常に人口密度の薄い田舎道でレンタカーで
事故った場合のレスキューの呼び方!その際の防寒などに興味ある方も是非ご来場下さい!                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

27日(土)トークショーもアイスランドまでの直行便をアレンジした栗原氏ならではの
貴重なトピックや観光全般、さらには話はブータンにまでおよぶとの事で、これから
アイスランドに行こうと思ってる方や、既に氷国に魅了されている人はもちろんの事、
旅好きな人にはかなり興味深い内容で要チェックです。


スナイフェルスネス半島

もう一枚雪景色の写真。スナイフェルスネス(半島)の原野にて。凍結する小さな湖。



アイスランド・フェス@AMS+ vol.3イベント情報

期間:2010年2月17日〜27日
トークショー予約:Webはこちらをクリック
            電話予約080-3175-3188

●スペシャルイベント●
小倉悠加さんトーク with シバノジョシア(Photo)
日時:2月20日(土) 19:30〜21:30
料金:2,500円-アイスランド料理プレート+地酒1shot+アイスランド音楽CD(2500円相当)付
・最新アイスランド音楽情報
・Airwaves2009レポート
・そのほか、アイスランド情報  ※アイスランド音楽CD販売あり(15-20アルバム程度)

小倉 悠加(オグラ・ユウカ)さん略歴
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。
大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。
以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているため
カーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱う
アリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。



栗原宗利氏、アイスランド直行便秘話&アイスランド観光トークショー
日時:2月27日(土) 19:30〜21:30
料金:通常チャージ500円
・アイスランドチャーター便の裏話
・アイスランド&ブータンって似てる??? 他

栗原 宗利(クリハラ・ムネトシ)さん略歴
大学を卒業後、約24年間航空業界で勤務する。
12年間外資系の航空会社で勤務後、日本で35年振りに設立された新規航空会社、
スカイマークの立ち上げに携わる。 空港責任者、マーケティング責任者として設立に
貢献する一方、航空業界の全ての知識を習得する。
その後、アイスランド航空に入社し、日本、アイスランド直行チャーター便就航を手掛ける。
現在は、アイスランドに特化した会社Visit Icelandを設立し、アイスランド旅行の企画、
アイスランドのコンサルティングやイベント企画等、 日本とアイスランドの架け橋として活躍している。 A&Tm代表取締役。クラブ・アイスランド会長。



★ICELANDia・小倉悠加さんブログへ

今回のイベント情報はこちらの小倉悠加さんブログも是非ご参照ください!



JUGEMテーマ:ヨーロッパ
ICELAND / NATURE,COUNTRY - trackbacks(0)
★アイスランド・自然、地方-PICT26/南海岸へ'09-10(終)

民族博物館にある小さな教会



★南海岸ツアー'09 その10(終) - スコゥガル民族博物館~スコゥガフォス(滝)

前回もアップした「スコゥガル民族博物館」内に小さな教会が併設されてます。

館長のÞórður Tómassonさんがたまたまこの場にいると
(前にも書いたような…)、教会内での演奏をきくことが出来ます。


教会内での館長自演ライブ

館長のÞórðurさん。写真は'08のツアーからですが、
'09もここで遭遇することが出来ました。


スコゥガフォスの上にあがる沿道



さて、南海岸ツアー最後の見どころSkógafoss(スコゥガフォス)へ。

先ほどまでいた民族博物館からも遠目に
見えるくらいの距離にあって、バスで少し移動すると到着。

この滝の横に沿道が設置されていて、滝の上に登ることができます。


スコゥガフォス

こちらがSkógafoss(スコゥガフォス)。

全高は約60mあり、同じツアー内でみる事ができる
Seljalandsfossと比べるとダイナミックな印象。

滝つぼ近くは水霧がすごいので近くまで寄りたい人は防水対策したほうが◎。

カメラも何気なくとりだすとずぶ濡れになってしまうので、レインジャケットを着せるか
防水対策のあるコンパクトデジカメが無難(そのままだとレンズは濡れてしまうけど)。

アイスランドを撮影していて思うけれど、ゴールデンサークル(地球の裂け目などが
ある有名な観光スポット)やこの南海岸も滝や急な雨など結構濡れてしまうシーンがある。

コンパクトデジカメで気軽にツアーに参加する方でも、生活防水+αくらいの
水対策を売りにしているデジカメや、ハウジング(水中での防水カメラケース)に
最初からいれて臨むと機材の事を気にせず思い切り撮影出来て大胆な写真が
撮れて良いかも。ケースなら濡れても気軽に拭けますしね。

というわけで南海岸への日帰り旅行は以上で終了。

バスに乗り込んだ後は一路レイキャヴィクへと。
だいたい夕飯時には到着する感じです。

'08、'09と行ってみての感想ですが、ツアーの内容は滝をみる順番を
変更したりはあるようでしたが、おおむね今回紹介しているスポットは
一通りめぐるようです。

滝全体にきれいに光があたっているような様子がみたい&
撮りたい人は5月〜7月の夏シーズンが良いのかな。

南海岸は比較的道路の状態が良いエリアになっているので、
運転に慣れている人ならレンタカーを借りてめぐるのにもオススメですよ♪

次回からのアイスランド自然写真は違うエリアをアップしていきます。


★flickr SETSのIceland Nature & Landscapeアルバムへ



JUGEMテーマ:
ヨーロッパ
ICELAND / NATURE,COUNTRY - trackbacks(0)
☆2010・明けましておめでとうございます / 弧を描く虹☆
一日中出ていた虹


2010 謹賀新年

あけましておめでとう御座います。

横浜は正月らしいカラっとした青空が広がっております。
家の前の国道では明日の箱根駅伝に向けて下見クルーの皆さんが早くもスタンバイ中。

今年最初のアップは、アイスランドのイーサフョルズル地方を車で撮影してまわった時の一枚。

この場所では地形と気象条件の関係か、広大な景色の中
くっきりときれいに弧を描く虹がずっと消えずに長時間出ていました。

世の中の雰囲気が、この写真の風景のような見通しの良い一年になる事を願いつつ♪

本年もよろしくお願い致します。


☆My Flickr Setsへ

フォトシェアサイトのフリッカーに各種写真アルバムをアップしました。

既に当ブログにアップしているアイスランド写真をはじめ、このブログにはアップしていない
作品やポートレート・ライブ写真・スナップ等も掲載しております。スライド形式でみていただくと、
PCの画面にあわせたフルスクリーンでも閲覧可能です。是非ご覧ください。

近々、アイスランドの「街・人」、「自然・地方エリア」のアルバムもアップ予定。
各アルバムに随時写真を追加アップしていきます。


JUGEMテーマ:ヨーロッパ
ICELAND / NATURE,COUNTRY - trackbacks(0)
★アイスランド・自然、地方-PICT24/南海岸へ'09-9

アイスランド古民家の中



★南海岸ツアー'09 その9 - スコゥガル民族博物館

前回に続いて「スコゥガル民族博物館」の写真をアップします。

まず一枚目は古い農家の部屋の中。両脇に写っているベッドがかなり小さく狭い事に驚かされます。


民家の壁に群生する草



農家の外壁はコケや草で覆われている。自然の保温効果につながるらしい。


バスのドライバー氏



今年お世話になった現地の運転手さん。

氷河へ続くかなり荒れたオフロードも慣れたテクニックで乗り切ってました。

去年、舗装されてない地方の道を走りまわってアイスランド未舗装道の洗礼を受けた
者としては車高の高いバスを華麗に操る現地のドライバーさんは尊敬(?)です。


古いアイスランドの船



展示物の中にはかなり大きい昔の船なども。
ホールいっぱいに展示されていて迫力があります。

次回はこの博物館からほど近い場所にある「スコゥガフォス(滝)」をアップします。


☆いままでにアップしている南海岸の写真はこちらをクリック


All Photo by Joshia Shibano


JUGEMテーマ:ヨーロッパ
ICELAND / NATURE,COUNTRY - trackbacks(0)
★アイスランド・自然、地方-PICT24/南海岸へ'09-8
民族博物館


★南海岸ツアー'09 その8 - スコゥガル民族博物館

南端の町Vikでランチをとった後は、レイキャヴィク
に戻りながらいくつかのスポットに立ち寄ります。

まずは昔のヴァイキングの生活やアイスランドに伝わるサガに
まつわる品々が展示されている「スコゥガル民族博物館」へ。

上の写真は古い時代のアイスランドの農家。中に入る事もできます。


今年の様子



この写真は今年のツアーから。

ガイドの方が持っているのはアイスランドの古い楽器。


去年の様子

この楽器、館長のÞórður Tómassonさん(写真上)がたまたまこの場にいると演奏してくれます。

写真は昨年のツアー中の一枚で、今年はここでは遭遇出来なかったので演奏が無かった。

そのあたりのゆるい感じがとてもアイスランドらしいです。


民族博物館の中



農家の中に入るとこんなかわいいリビングが。

日本人の自分達が入っても天井が低いと感じるので、
体の大きいアイスランド人にはかなり不自然に低いのでは…と思う。
当時のベッドとかも置かれてるんですが、これまた相当小さく作られてる。

物があまりない時代だったからか、あまり無駄に広く作ると越冬がきついからか?

巨大なミュージアムではないけれど、南海岸の自然の背景をうまく
いかして建てられていてアイスランドの古い時代を感じられる空間。


Skógar Museumオフィシャルページへ


All Photo by Joshia Shibano


JUGEMテーマ:ヨーロッパ
ICELAND / NATURE,COUNTRY - trackbacks(0)
| 1/6 | >>