フォトグラファー・シバノジョシアのブログ写真展。ICELANDのミュージシャン&音楽・レイキャヴィクの街・自然の写真を中心に、旅行・旅先でのスナップや日々のつれづれなどをアップしています。
★2011アイスランド回顧録その23・10/10(月)『画家エゲルトのリビング』

エゲルト氏のリビング



前回に続いてアイスランド画家、エゲルト・ピエートルソン氏の
お宅写真を中心にアップします。今回は1Fのリビング&キッチン。

写真は北欧らしく採光に優れたリビング。


窓際に置かれたダーラナホース



窓際には"幸せを運ぶ馬"と呼ばれるスウェーデンの
伝統工芸『ダーラナホース』がさりげなく飾られています。


木彫りのノートはお手製との事



こちらはリビングの一段上にある大きな食卓。

先ほど窓際に飾られていた木製カバーのついたノート、
エゲルト氏の親族の方が作った手掘りとの事でした。


棚の小物からも北欧の雰囲気が



キッチンも取材させて頂きました。

棚の上に飾られた小物もカラフルで、白で統一された
キッチンの中ではより個性が際立って見た目にも楽しい。


窓からの景色も美しい



キッチンからの風景。

海岸も近いこのエリアは本当に静かで、
ゆっくりと時間が流れている雰囲気でした。


キッチンのダイニングテーブル



こちらは、キッチンのダイニングテーブル。

こうしてあらためて見ると、こういうテーブルが
ゆうにおけるキッチンはここだけでも居心地が良い♪


ダイニングテーブルの小物



無造作にモノが置かれていても、
なんでもインテリアのように見えてきます。


リビングでの対談風景



と、いうわけでたっぷりとお宅を撮影させて頂きました。

広いリビングで対談するICELANDiaの小倉悠加さんとエゲルト氏。


インタビューに応えてくれたエゲルト氏



2012年に渡航した際には、音楽フェス期間中に
エゲルト氏の個展がレイキャヴィク市内のギャラリーで
開催されており、オープニングにおじゃまさせて頂きました。

その様子はまた別な機会に。

次回はエゲルト宅からレイキャヴィク市内の反対側の海岸線の様子をアップします。



→★2011アイスランド回顧録その24・10/10(月)『海岸を散歩』へ

←ひとつ前のレポートへ



小倉悠加さんと行くアイスランド音楽フェスツアーWebへ↑募集スタート!次回ツアー説明会は4/26・5/8に開催!詳しくはツアーWeb




JUGEMテーマ:ヨーロッパ
Iceland Airwaves2011回顧録 - trackbacks(0)
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://onabys.jugem.jp/trackback/397
<< NEW | TOP | OLD>>