フォトグラファー・シバノジョシアのブログ写真展。ICELANDのミュージシャン&音楽・レイキャヴィクの街・自然の写真を中心に、旅行・旅先でのスナップや日々のつれづれなどをアップしています。
★2011アイスランド回顧録その25・10/10(月)『アイスランド大学周辺』

首都レイキャヴィク中心街を臨む



前回、アップしたレイキャヴィク港の反対側にある海岸沿い。

そこから、徒歩で首都の中心街に戻る途中にアイスランド大学があります。
写真は大学からレイキャヴィクの繁華街を一望した所。

右側の丘上に建つハトグリムス教会から、街が放射状に広がるのが良く
わかる一枚ではないかと。奥に見えるエイシャ山は港の向こう対岸にあります。


アイスランド大学



一枚目と同じ場所からアイスランド大学側を撮影。
こちらの建物はフリドリック・トール・フリドリクソン監督の
映画『エンジェル・オブ・ザ・ユニバース』でもその姿を見る事が出来ます。

遠くからでも目立つこちらの建物の他、いくつかの施設が点在。


左に教会、右にペルトラン



もう一度、一枚目と同じ視点に戻してさらに
右側を見るとランドマークの1つ、ペルトランが。

ここから、レイキャヴィク市街に温水が給水されてます。
ただの給水施設ではなくて、ミュージアム・カフェ・レストランなども入ってます。

左側のハトグリムス教会のあたりから、歩くと少々時間がかかりますが
以前、写真を撮りながら歩いてペルトランまで1時間ほどでしたでしょうか。


このプレート、北欧デザインですね



この大学のエリア内に、音楽フェスIceland Airwavesの会場の1つにもなっている
Nordic Houseという施設がありまして、その中に入っているレストラン"Dill"が他の
北欧諸国でも評判が良い♪というICELANDia小倉さん情報で、この日のランチは
味調べ?のために入ってみました。

まずは、パンから。さりげなくフィンランドを代表する建築家アルヴァ・アアルトの
デザインなプレートの上に、火山岩&バター。パンもバターもとても美味しい♪


ここでも、スープはたっぷり



そして、レイキャヴィクでランチする時は定番な気もするスープ。

こちらのスープも例にもれずボリュームはたっぷり♪


具だくさんな伝統料理♪



そして、こちらがランチのメインディッシュ。

くだいたジャガイモに、白身魚を混ぜた伝統料理へさらに
インゲン豆や貝などを入れて具だくさんにした一品。

以前、地方のレストランで食べたこの伝統料理は本当に
シンプルなものだったけれど、Dillでは現代風にアレンジ
されていて満足感のある一皿でした。

ランチにきたので、種類は少なかったけれどディナーであれば
もっとバリエーションのある料理が食べられるようです。


この日は会食で人がたくさん



こちらがDillの店内。
この日は何かの会食をしていて団体さんが席を占めてました。

観光で通常レイキャヴィクに泊まるエリアからは
少し離れてますが、歩いていける距離ですしチョルトニン湖など
環境の良い散策コースの先にあるのでオススメの一店でした。


映画・マンマゴーゴーの舞台



そして、ランチの後はチョルトニン湖の丘側にある墓地を取材へ。

2012の北欧映画祭・トーキョーノーザンライツフェスティバルで特集上映
されたアイスランドのフリドリクソン監督作品『マンマ・ゴーゴー』のロケ地の1つ。


ハトグリムス教会を臨む



墓地のあたりから、ハトグリムス教会を臨む。

次回は、音楽フェスの準備が進むインフォメーションセンター(HOTEL PLAZA)や
2011年5月に完成した国立劇場Harpaの様子を中心にアップします。


→★2011アイスランド回顧録その26・10/10(月)『インフォメーションセンター』へ

←ひとつ前のレポートへ



シバノジョシア撮影・アイスランド写真販売中!↑北欧雑貨を取り扱っているAQUAVIT さんでアイスランド写真の販売中♪




JUGEMテーマ:ヨーロッパ
Iceland Airwaves2011回顧録 - trackbacks(0)
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://onabys.jugem.jp/trackback/399
<< NEW | TOP | OLD>>