フォトグラファー・シバノジョシアのブログ写真展。
ICELANDのミュージシャン&音楽・レイキャヴィクの街・自然の写真を中心に、
旅行・旅先でのスナップや日々のつれづれなどをアップしています。
【告知】『北欧フェス』アイスランド写真展・12/5-12/25 at マリオットホテル(品川)
DSC_7470.jpg

シバノジョシア・アイスランド写真展 『Norður Tónar
2014年12月05日(金)〜12月25日(木)@品川マリオットホテル

★Icelandic Photo Exhibition by Joshia Shibano

↑こちら、公式Web内の写真展情報。シバノのコメントも掲載中。

※一枚目の写真はマリオットホテル展示場所の様子。写真展紹介のボードには先日の
アイスランド滞在中に書かせて頂いたインタビューの全文も掲載頂いているので、
ご来場の際はぜひご覧くださいませ。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ここ数年は秋のアイスランド取材後、年明けてから
北欧映画祭等の関連で写真展をやらせて頂いてましたが、
今年は早速年内から写真展を開催させて頂く事になりました。

今年で2年目になる『北欧フェスティバル』は、品川・日本橋の
ホテルや百貨店をメイン会場に、北欧5か国の催しものを多岐に
渡って展開しているイベント。

特に、会場の一つである
御殿山トラストシティ/東京マリオットホテルは
『Iceland Christmas 2014 in Gotenyama Trust City』
と銘打って、アイスランドのクリスマスをテーマに
写真展だけでなくイルミネーション、フード、ドリンク、物販
と同じビル内の東京マリオットホテルのエントランス・ラウンジ
で展開中。

★『Iceland Christmas 2014 in Gotenyama Trust City』
↑こちら、北欧フェスティバル公式Web内の、イベントページです。

オーロラをテーマにしたツリーが会場を彩り(一枚目の
写真ご参照ください)、ホテルエントランスからラウンジに
かけてシバノの写真が大き目なA1サイズで18枚ほど展示中。

写真展は、12/25(木)19時まで、ホテル内なので基本的に
24時間展示されておりますので、ぜひクリスマス気分を
味わいながらアイスランドの風景を楽しんで頂けたら幸いです。


本日のブログでは、写真展の見どころや、
同時開催中のイベントについてまとめて掲載致しますね!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆写真展開催場所・情報

品川・ 東京マリオットホテル
御殿山トラストシティ(東京都品川区北品川4-7-35)
↑詳細地図はこちらをクリック

−アクセス−
★無料送迎バス(オススメ)
「JR品川駅」・高輪口下車、6番バス停から。
所用時間約5分
※マリオットホテルまでJR・京急品川駅から徒歩
約10分ですが、送迎バスが5〜20分間隔で出ております。

展示期間・時間:
2014年12月5日(金)〜12月25日(木)※最終日は19時迄
※ホテルのエントランス・ラウンジでの展示の為、
期間中は24時間展示中。ラウンジが0時までの営業
なので、深夜は少々薄暗くなるかも(その時間に
行く人はいないと思いますが…)。

★写真展ご来場オススメ日・時間!
フードと物販が充実しているのは以下の日付!

12月5日(金)、6日(土)、12日(金)、13日(土)、19日(金)、20日(土)
&クリスマス特別デイズ:12月23日(火)〜12月25日(木) 全9日間!

キッチンカー、物販コーナーともに11時〜19時の開催なので、お時間ご注意ください♪
※今回、シバノは常駐しておりませんが、週末等は時間があればラウンジ
にいる事もあるかと。ツイート等でお知らせしますので、見かけたら
お声掛け下さい♪


■展示・イベントのお問い合わせ
森トラスト株式会社 営業企画課
マーケティング&エリアマネジメントグループ
TEL:03-5511-2592



DSC_7453.jpg

■今回の写真展概要
こちらは、エントランス奥のラウンジスペース。
窓際に沿ってアイスランド写真展示されてます。


今回の写真展タイトルは『Norður Tónar
直訳すると『北の(色調・音)』の
ような意味になります。

同国の風景を中心に、シバノが毎年取材している
音楽フェスのライブ写真も数枚、それから首都で
見られるオーロラ写真なども展示。

最北に位置する同国の風景の色調、音楽フェス中に
街中にあふれだす音、それから自然のエリアで感じる
風や滝の音…そういうものを全て含めての北国の
「トーン」という意味をこめております。


今回展示中の写真は全18枚、全てA1サイズ。
今年撮影したばかりの新作にプラスして、過去に撮影
した写真もおりまぜてますが、A1での展示は初めての
写真も多いので、迫力&新鮮にみて頂けるのではないかと。
(今年2月の写真展では、A1は一枚だけだったのでそれに
比べても今回はビッグサイズプリント中心です)。

今回は、ホテルという場所柄、滞在中のお客様の中には
アイスランドの写真展を初めてみる方もいらっしゃると
思うので、同国のメジャースポットの写真も多めに、それに
プラスしてマニアックな場所もいくつか展示してます。

※会場では北欧フェスティバルの公式ガイドも配布されてます。
見当たらない時は、ホテルのスタッフの方や物販コーナー等の
方にお尋ねください。



DSC_7522.jpg

■ご来場されるのは金・土・クリスマス前がオススメ!
さて、今回は期間も3週間と長めですし24時間展示しておりますが、
ご来場頂くのに特にオススメなのはフードや物販が充実している
金・土、そしてクリスマス前!

イベントの内容をまとめてアップしておきますね!

フード!『スペシャルキッチンカー』
アイスランド産にこだわった伝統料理やオリジナルレシピが販売!
こちらは、ホテルラウンジから見えるイルミネーションも展示してる
庭に、キッチンカーが登場♪どれも美味しそうなのでぜひ食べてみてください!
 
DSC_7600.jpg
●メニュー
・ラムチョップグリル
・仔羊のロース焼肉のオーバーライス(乱暴に言うとラムの焼肉弁当♪)
DSC_7532.jpg
・アイスランディックミートスープ(伝統料理)
・サバとししゃも卵のチーズソースペンネ(アイスランド産)
DSC_7541.jpg

物販!『北欧クリスマスワゴン』
 
DSC_7577.jpg
そして、こちらは写真も展示されているラウンジにて、アイスランドを中心
とした雑貨等の物販コーナーが開催!実は、こちらお世話になっている
ICELANDia・小倉悠加さんも出品にご協力されていて、雑貨はもちろん
アイスランド音楽のCDも販売されてますので、音楽ファンの方もぜひ♪
シバノの写真を取り扱って頂いているAquavit Japanさんや、アイスランド
航空からもグッズを出品されてるそうです!
 
DSC_7562.jpg

★写真展ご来場オススメ日・時間!
というわけで、フードと物販が充実しているのは以下の日付!

12月5日(金)、6日(土)、12日(金)、13日(土)、19日(金)、20日(土)
&クリスマス特別デイズ:12月23日(火)〜12月25日(木) 全9日間!

キッチンカー、物販コーナーともに11時〜19時の開催なので、お時間ご注意ください♪


DSC_7505.jpg

こちらは、マリオットホテルのエントランス前。
写真展の案内はこんな感じで出てますので目印にぜひ。

さてさて、盛りだくさんなアイスランド・クリスマスイベント。

その他の同時開催イベントもまとめてご紹介します!
 
DSC_7621.jpg

『折り鶴ワークショップ&クリエイション』
日時:12月5日(金)&6日(土)
こちらは現地アイスランドとの文化交流イベント。
昨今、「ORIZURU」の名が通用するほど、北欧では
人気が高まっている折り紙・折り鶴だそうで、今回
来場者の方にご協力いただいて、折鶴をクリスマス
オーナメントとしてイベント終了後にアイスランドへ
贈るそうです。現地ショッピングモールや、アイスランド
航空の本社受付に展示されるらしいので、ぜひ5日・6日に
来場される方はご参加くださいね♪
 
DSC_7616.jpg

『桜咲く、氷の国のイルミネーション』
期間:11月28日(金)〜2015年1月31日まで
時間:16時〜24時まで
マリオットホテルのある御殿山は江戸時代から続く
桜の名所だそうで、ホテルの外では桜をイメージした
桃色の光で表現。さらに、ホテル前広場でアイスランドの
渡り鳥「パフィン」の光るモチーフと、氷やオーロラを
イメージしたイルミネーションが彩ります。

DSC_7521.jpg

『願いをかなえるツリー』
期間:11月28日(金)〜12月25日(木)まで
写真展も開催してるラウンジに、オーロラをイメージした
ツリーが展示中。さらに、オリジナルのクリスマスシールを
ご購入いただくと、オーナメントカードがもらえます。
それに、夢や願いが書き込んでツリーに飾ってください。
イベント終了後、願いごとのカードははるか北極圏の
グリーンランドにあるサンタポストに届けられます♪
【シール販売場所】
マリオットホテル・フロント、クリスマスワゴン物販

『オーロラ・クリスマスディナー』マリオットホテルラウンジ
期間:11月28日(金)〜12月25日(木)まで
マリオットホテルのラウンジでは、期間中はアイスランドを
テーマにしたディナーやカクテルを楽しめます♪
●オーロラ クリスマスディナー
アイスランド人シェフのフリドリック・シグルドソン氏の
監修でお届けするクリスマスディナーコース。
※その他、北欧アフタヌーンティーや、カクテルも。
詳細は、ホテルのラウンジでご確認ください。

■お問い合わせ
【ラウンジ&ダイニング G】TEL:03-5488-3929

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

というわけで、アイスランド写真展だけでなく
かなり盛りだくさんな内容の今回のイベント。

同じ品川のグランドプリンスホテル新高輪や、
品川プリンスホテルでは、北欧の別な国をテーマに
したイベントも開催されているので、北欧ズキな方なら
是非ハシゴをおすすめ致します!

最後に北欧フェスティバルの公式Webサイトを
ご紹介しておきますね!是非、クリスマスシーズンを
北欧のカルチャーで楽しんでくださいませ。


★北欧フェスティバル2014・公式Web







JUGEMテーマ:写真展
Photo Exhibition - trackbacks(0)
【告知】シバノジョシア写真展『The Dawning Sky』2/10-2/16@Gallery Conceal

シバノジョシア・アイスランド写真展



シバノジョシア写真展 『The Dawning Sky』
2014年2月10日(月)〜2月16日(日)@渋谷Gallery Conceal

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■2011年2月に渋谷ユーロスペースを中心にスタートした北欧映画祭・
"トーキョー・ノーザンライツ・フェスティバル"。今年で4度目の開催に
なる同フェスのバックアップで、関連イベントとして
渋谷Gallery Concealにてアイスランド写真展を行う事になりました。


7年間の取材撮影を一度総括するような内容です。

個展のタイトルは"The Dawning Sky(始まりの空)"

「地球の生まれた頃の風景のよう」と評される事も多いアイスランド。

原初の地球の空、そして今も新たな土地が
生まれているアイスランドの大地で見る「始まりの空」。

オーロラや氷河湖、間欠泉など同国の魅力を物語る風景や、
その大自然に育まれて暮らし、約30万人強という少ない人口ながら
ビョークやシガー・ロス等世界的にも評価される音楽を作り出す
ミュージシャン達など、自然だけでなく人にもフォーカスをあて
様々な角度から同国の魅力に迫る写真展。

日本とは似て非なる島国の姿から、
何か"生きるヒント"のようなものを
感じていただけたら幸いです。
             
  
                   写真家・シバノジョシア

★北欧映画祭/トーキョー・ノーザンライツ・フェスティバル
↑映画祭のオフィシャルWeb、イベントページへのリンクです。


◆写真展開催場所・情報

渋谷 Gallery Conceal
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-11-3 4F
↑詳細地図はこちらをクリック
※JR山手線・京王井の頭線「渋谷」駅 より徒歩3〜5分

展示時間:
2/10(月)18時〜23時
2/11(火)11時〜17時半 ※19時〜「Cold Fever vol.7」(要予約)
2/12(水)〜15(土)11時〜23時
2/16(日)11時〜20時

※2月11日(火)は17時30分以降は貸切営業となります。
写真展ご覧の際は、17時までにご来店ください。


TEL:03-3463-0720

会期中、2月11日(火)はアイスランドにインスパイアされて
音楽を紡ぎ出しているミュージシャン"moshimoss"さんを
ゲストに迎えて、ライブ+トークイベント(要予約)も
開催致します。是非、ご興味ある方はご来場ください!
※詳細は下段の情報をご覧ください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

『Cold Fever vol.7』 -Iceland + Scandinavian Music Night-
2014年2月11日(火)@渋谷Gallery Conceal

北欧音楽オンリーのDJイベントが写真展のスペシャル・イベントとして復活!
写真家・シバノジョシア、ミュージシャン"moshimoss"、アイスランドに
影響を受けて活動するアーティスト2人による写真と音楽のコラボレーションLIVE。


ヴォーカリスト・菊池ジョバンニ+伊勢谷大志によるアイスランド音楽の
カバーライブ、さらにシバノジョシアによる展示中の写真についての
アーティストトーク、ラウンジDJにはアイスランド全土一周経験もある
"旅するDJ"echo watariを迎え北欧音楽に浸れる一夜をお楽しみください♪

                   
                     
                       〜フライヤーテキストより

★当イベントの詳細情報はこちらをご覧ください。

moshimoss

 
moshimoss(nothings66) Profile
 
1979年 山梨県生まれ。音楽家・イラストレーター。
山梨の音楽レーベル、Neguse Groupを主催し、Kosuke Anamizu名義で、
ドイツのTraumからProcessとのスプリットEPや、mule electronicから
リリースした、ミニマルハウス・ダブなどの作品で知られる。
2010年、サンフランシスコを拠点とするdynamophone recordsより
「Hidden Tape No.66」をリリース。
2011年には、L.E.D. feat. 原田郁子の「I’ll」のRemix EPにリミキサーとして参加、
Cokiyu や Geskia などのアーティストを始め、リミックスワークも多数手がける。

2012年には moshimoss として Fujirock Festival’12 への出演を果たした。
2013年5月22日、全世界が待望した新作「endless endings」をリリース。
2013年11月、Preghost名義でn5MDよりリリース。



時間:Open 19:00 / Start 19:30 - Close 22:30
出演:moshimoss(improvisation ambient set),シバノジョシア(トーク)
   菊池ジョバンニ(ミニライブ+MC)、伊勢谷大志(ピアノ)、
   DJ echo watari、他
料金:2,500円(1ドリンク付、要予約)

★予約方法:お名前と参加人数、連絡先電話番号を明記のうえ、
予約専用アドレス
onabys@gmail.com までメールをお送りください。

※現在、満席のためキャンセル待ちを受け付けております。ご希望の方は、
予約専用アドレスまでメール送付ください。キャンセルが出た場合のみ、
お申込み順にご連絡差し上げます。



北欧映画祭・ノーザンライツフェスティバル↑今年で4年目の北欧映画祭・公式サイトはこちら



JUGEMテーマ:写真展

Photo Exhibition - trackbacks(0)
★レポート:芝居『あの夏の花火を見送った僕らは』@StrobeCAFE・写真展示
photo-e_001a.jpg

8月25日(土)・26日(日)の二日間、北参道StrobeCAFEにて上演された
劇団Covent Garden Club『あの夏の花火を見送った僕らは』。

演出・北村勢吉による新作のお芝居の中で、お話にも直接リンクする壁に
展示された写真の撮影をシバノが担当しました。本日は写真レポートです。

暑い中ご足労いただいたお客様、それから個人的には写真撮影の
モデルを快く引き受けていただいた皆様もありがとう御座いました。

一枚目は千秋楽の様子。こ、の日劇中も含めたライブ演奏を担当した
菊池ジョバンニさんのパフォーマンスから。土曜日の昼間の回は
アニメ「エウレカセブン」の初期EDテーマ"秘密基地"を歌った
高田梢枝さんが担当。音楽面も大事にしている劇団です。


photo-e_001d.jpg

お芝居が行われたこのカフェの両サイドに
モノクロのポートレートを35枚展示しました。

劇中に、女性写真家の"のの子"という役があり、彼女が撮影・
展示しているという設定のため、今回は稽古から見せていただき
役づくり的に撮り下ろしてみてます。

シバノが外に発表する作品はカラーが中心で、ずっとモノクロとは
距離をおいていたのですが、今回別な写真家が撮影している
作品というのが前提にある分、かえって自由に制作できました。

この記録用の写真ではわかりづらいですが、最後の
仕上げも通常はやらないような雰囲気でプリントしてます。


photo-e_001c.jpg

終演後、ステージ側からの様子。

ステージ側とはいえ、今回のお芝居はここのカフェで
起きている出来事のため、ほとんど客席側での演技が多かった。


photo-e_001b.jpg

それから、写真以外にもう一つ協力させていただいた事が
あったのですが、それについてはもしこのお芝居が
再演されるような機会があれば是非生でご覧いただけたら♪


photo-e_001e.jpg

最後はCAST&STAFFの皆様。

お芝居と音楽と写真が一か所に集まった夏の一コマでした。

演劇は打ち上げ花火みたいですよね、それだけに素晴らしい
公演を観れた時は写真や映画を超えるインパクトを人に残す
気がします。

もう一回観たいと思っても見返せない狂おしさというのでしょうか。
想いでは美化される部分もありますしね♪

余談ですが、そんなシバノが狂おしくもう一回みたいと思う芝居が
何本かありまして、

・劇団300『ゲゲゲのゲ』
・劇団青い鳥『シンデレラ』

それから、一番は
・劇団第三舞台『朝日のような夕日をつれて'91』

この芝居は当時の時代の空気だったり、第三舞台の
皆さんの勢いだったり、演出・鴻上さんの戯曲の中でも
時代と結びついた一本でなんかたまらない舞台でした。

さて、激しく脱線しましたが、

重ねてご来場頂いたお客様、モデル協力していただいた皆様、
それから遅くまで展示準備につきあっていただいた
StrobeCAFEの皆様ありがとう御座いました。

そして、CAST&STAFFの皆様、お疲れ様でした♪

◆劇団Covent Garden Club
『あの夏の花火を見送った僕らは』
作・演出:北村勢吉
出  演:珠乃(散歩道楽)/ カワベコージ /
     中西智深 / 長通悠陽 ほか
音  楽:25日(土)13:30〜高田梢枝 /
25日(土)20:00〜+26日(日)13:00〜菊池ジョバンニ+Taishi
美術写真:シバノジョシア


小倉悠加さんと行くアイスランド・エアウェイブスの旅↑ツアー説明会、田町旅行会社で開催中!詳細・ご予約はこちらをクリック




JUGEMテーマ:写真展
Photo Exhibition - trackbacks(0)
<< | 2/2 |